« 霧ヶ峰基金」が主催するエコツアー | トップページ | 合計特殊出生率 »

小中学校ではマオリ語の授業も行われています

ニュージーランドは、太古の昔、ジャングルに覆われた無人島でした。

現在では絶滅してしまったといわれる、巨鳥「モア」が生息していたのです。

その後、最初にこの島に入植したのが「マオリ」と呼ばれる、

ポリネシア系の人たちでした。

彼らがニュージーランドの北島の最初に到着したのは、

9世紀ごろだったといわれます。

カヌーに乗って到着した彼らは、海沿いに小さな集落を作って住むようになりました。

大きな動物が少ないニュージーランドで、唯一ともいえた巨鳥、

モア、をはじめ、アザラシやオットセイを狩猟すると共に、

サツマイモなどの栽培をしていたといいます。

彼らは「モアを食べる人たち」と呼ばれ・・・とうとうモアを食い尽くし・・・

彼らとて生きるために仕方がなかったとはいえ・・・

モアを絶滅にまで追い込んだのです。

その後、13~16世紀にかけて、彼らは各部族間で戦いをするようになりました。

そして、「パ」と呼ばれる砦集落を形成し、

マオリ文化の原型ともいえる独自の文化を築いたのです。

しかし、1642年にオランダ人(エイベル・タスマン)が、

ヨーロッパ人としてはじめてこの島を発見し、

北島のマオリの人たちの生活は近代化のなかで、

追い詰められていくことになったのです。

現在、ニュージーランド政府には、マオリ省があり、

議会にもマオリの議員枠4名が確保されています。

小中学校ではマオリ語の授業も行われています。

ニュージーランドにおいてマオリの文化は、

ニュージーランド文化を構成する重要な一端として、

受け止められています。

リンク集

サイドビジネスしたい人のビジネス情報

出会いによって人生は決まる!

転職実現ー不況でも勝ち組の20万人

海外発のネットワークビジネスを徹底検証

ネットワークビジネスの仕組みはこのようになっています

ネットワークビジネスの成功方法がここに!!

働かなくてももらえる権利収入や不労収入

ロバートキヨサキ氏の言

田舎暮らしで中高年がネットワークビジネス

中高年や大学生を襲う悪徳商法

こんな不安な時代 だからこそ 幸せになれるビジネスを提供

「楽しく稼げる在宅ビジネス」で豊かな老後を!

夢を叶える仕事はこれだ!

【危険】ネットワークビジネスのリスク

【お知らせ】大型ネットワークビジネス日本上陸!

加害者になったら絶対だめです!勿論被害者にも

中高年にうってつけのビジネス

ネットワークビジネス用語のあれこれ!

|

« 霧ヶ峰基金」が主催するエコツアー | トップページ | 合計特殊出生率 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543301/52347079

この記事へのトラックバック一覧です: 小中学校ではマオリ語の授業も行われています:

« 霧ヶ峰基金」が主催するエコツアー | トップページ | 合計特殊出生率 »