ダイエット

バランスもよく栄養を取るように考えよう

ダイエットというと食事制限から連想して食べる量を減らす
ことだけを考えてしまいがちですよね。
でも食事内容つまり栄養バランスに気を配ることも大事なポイントです。

あらゆる栄養素をバランス良く食べることが、
ダイエットにも健康にも大切なわけですがダイエットの
強い味方となってくれる栄養素があるのをあなたはちゃんと知っているでしょうか?

それは、ビタミンB群です。ビタミンB1、B2、B6、B12などをまとめて
ビタミンB群と呼ぶわけですが、これらビタミンB群には、
ダイエットを助けてくれる効果があります。

摂取した脂質や糖質を、エネルギーとしての燃焼を促進し、脂肪として蓄えら
れることを防いでくれるのです。

つまり、同じカロリーのものを食べてもビタミンB群の多い食事の方が、
脂質や糖質がエネルギーとして使われやすくなるということです。

カロリーを気にするのももちろん大事ですが、
栄養バランスを考えることもダイエットには効果的なのです。

もちろん、ビタミンB群をとっただけで必ずやせるというわけではありませんよ。

脂質や糖質がエネルギーになりやすいということなので、
まったく運動もしないでそのエネルギーを使うことをしなければ、
せっかくのビタミンB群の効果を生かしきることはできませんからね。

ただ人間は普通に生活するだけでもカロリーを消費していますから、
ビタミンB群の多い食品をとるに越したことはありませんよね。

また、ビタミンB群にはストレスや疲れを解消してくれる効果もあるので、
これが不足するとイライラしたり、疲れを感じやすくなったりします。

ダイエット中は何かとストレスがたまることもあるので、
ビタミンB群はメンタル面でもダイエットを支えてくれる効果があると言えるでしょう。

ビタミンB群にはダイエット効果だけでなく、肌や髪の健康を保ってくれるなど、
美容にもうれしい効果があります。

どうしてもビタミンBが不足しているなと思う人は、
補助的な意味でサプリメントを摂取してみるのも一つの手段ですね。

なるべく品目数の多いヘルシーな食生活で、
健康的にダイエットを進めたいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スロートレーニング

ダイエットをするときには、
筋肉の量というものが大きく左右してきます。
筋肉がカロリーを最も消費するからです。

ですから、効率的に体重を落としていきたい人は、
筋トレを日常生活の中に取り入れていく習慣をつけることをお勧めします。
別に筋トレといっても、
腹筋や腕立て伏せを一日に何百回もやれとは言いません。
そんなことをすれば、ボディービルダーのように
筋肉もりもりになって今います。
そんな体型を求めてダイエットする人は少ないでしょうからね?

一日十回程度の軽い筋トレで十分OKです。
続けることに意味があります。

しかし筋トレを行うときには、ひとつ注意をしながら行うといいでしょう。
それはゆっくりと動作するということです。

筋トレを回数こなそうとする人に見られますが、
一回一回の動作が速くなっています。
動作が速くなっているということは、
自分が鍛えようとしている筋肉以外の部位を動かしている可能性があります。

腹筋を例にして見ましょう。
早く腹筋運動をしようとすると、勢いをつけることになります。

すると首の筋肉とか、いすなどに足を引っ掛けている場合には、
脚力を使って身体を起き上がらせています。
ということは、腹筋運動をしているように見えて、
腹筋への負担は半減しているのです。

回数を少なめにしてゆっくりと運動をする場合、
ほかの筋肉を動かすことがなくなります。
しかも運動をしているときに、
自分が今どこを鍛えているのかということを
意識しながら行うことができます。

どこを鍛えているか意識するということは
筋トレをする上で大変重要になってきます。
意識をすることによって、より効率的な筋トレを
行うことができるとされています。

現在では、スポーツ界でも「スロートレーニング」といって、
ゆっくりとした筋トレを行ったほうが筋トレへの効果が高いとされています。
回数は少なくてもゆっくりと確実にこなすほうが、
実はダイエットには大きな効果を発揮するのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筋肉量

ダイエットをするとき、
もし近くにアドバイスをすることができる人がいると
「運動は適度にやりましょう」
といったことを言われたことがあるかもしれません。

普段運動をしない人にとっては、
無茶な条件という風に思うかもしれません。
しかし運動をしなければならないのには
れっきとした理由があります。
もちろん、アドバイスをしている人の
いやがらせでも何でもありませんから、念のため。

ダイエット期間を抜け出せば、
普通の食生活に戻すこととなります。
ところで、普通の食事に戻すと、
再び体重が元の状態に戻ってしまうイメージはありませんか?

確かにダイエット前の食事量に近く戻してしまうと、
摂取カロリーが増えます。
ですから、そのままにしておくと、
再び体重が増加してしまう可能性はあります。

実は、ダイエット後に食事をある程度の量に戻しても、
なかなか体重が増えないようにするために
適度な運動が必要なんです。
運動をすれば、おのずと筋肉がついてきます。
この筋肉が、体重のリバウンド対策にはどうしても必要な存在なんです。

筋肉は、われわれの身体の中で最もカロリーを使う部署です。
ですから日常の動きを
筋肉の量の多い人と少ない人が同じようにやったとしても、
使われるカロリーの量に差が出てくるわけです。

もしダイエット期間中に、
適度な運動をするような習慣をつけていれば、
筋肉の量が増えて生きます。
このため、たとえ昔食べていた食事の量にまで戻したとしても、
筋肉が消費してくれますから、
すぐに体重がリバウンドするということを防ぐことができます。

ところが、ただ単に食事制限だけでダイエットをした場合には、
筋肉の量が増えていません。
逆に入ってくるカロリーの量が減ったことによって、
カロリーを無駄に使う筋肉を減らそうとします。
ですからむしろ、筋肉は前よりも減っている可能性があります。

ということは、もしリバウンドを起こしたとしたら、
筋肉の量が少なくなっていますから、
なかなかダイエットに成功できなくなってしまいます。
このような事情があるから、ダイエットには適度な運動といわれるわけです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストレスマネジメント

あなたはストレスと上手く付き合っていますか?

上手く付き合っていることを



ストレスマネジメントと言います。



マネジメントの意味は経営の管理をすることを言います。



つまり、ストレスを自分の手で管理できるようになることを



ストレスマネジメントです。



ストレスを生み出すのは、

何かの変化や、何か対処することが起こった時など。



これをストレス状況と言います。





■ストレス状況



1・軽い対処や少しの改善で解決する問題

このくらいではストレスは溜まりません



2・軽い対処や少しの改善で改善できない状態

この段階からストレスが溜まりだします。



このような状況でも全くストレスをストレスに感じないためには

そのストレス状況が訪れた時に



対処方法を予め用意しておくとストレスをストレスと思わなくなります。



また、この対処方法が多ければ多いほど、

ストレスマネジメントが出来ているということになります。



対処方法を少し紹介したいと思います。





■対処方法



1・体を動かす

2・趣味

3・問題解決方法を考える

4・相談・会話

5・寝る

6・癒される空間(サロンやお風呂など)




ポイントはストレス状況になった時に

自分を責めないで、対処方法を活用してみてください。



ダイエットで痩せないこと自体がストレスなら

ぜひ、この対処方法を使って



ストレスマネジメントをお使いください。

仕事でも使えるので



あなたにあうストレスマネジメントを考えておきましょう。

また、ダイエット中に仕事などでストレスがたまる場合は



過食してしまう恐れがあるので、

仕事が終って帰りがけにアロマサロンによって

対処してください。



あなたが電車で仕事に通っているなら

一駅前で降りてウォーキングをしてみる事も

対処につながりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エスカレーターを使うのと階段の違い

ダイエットのマニュアル本などを見てみると、
適度な運動をする
ということがほぼ確実に書かれていますね?

確かに運動をすることによって、カロリーを消費することができますから、ダイ
エットに効果があるはず。
でも中には「私は運動音痴だから」とお悩みの方もいらっしゃるかもしれません
。

運動音痴の人でもできる運動ってたくさんあります。
例えば「歩く」こと。
歩くことは普段からしていますし、運動のセンスも関係ありませんよね?
もし運動神経に自信のないあなた、
歩くことを意識してみてはいかがでしょうか?

例えば、最寄り駅の一つ前で降りてみては?
特に都心だと、ちょっと歩くとすぐに次の駅に着いてしまうということがありま
す。
ですから、意外とできなくはないかもしれません。

地方でそんなに駅があちこちにあるわけはないよ~
とお考えのあなた、
一駅歩かなくても、歩くチャンスは駅にも転がっていますよ。

駅のホームにたどり着くために階段を上り下りすることはありませんか?
今は便利な世の中ですから、たいていのところにはエスカレーターなりエレベー
ターなりが設置されています。
エスカレーターやエレベーターを利用すれば楽ちんですよね?

でもここでちょっと頑張ってみるのはどうでしょう。
ちょっと厳しいけど階段を使ってみましょう。
階段を使ったところで、1分ぐらいしかかからないのではありませんか?

この1分でもエスカレーターを使うのと階段を使うのとでは消費できたカロリーに
差が出ます。
一回分を見れば大したことはないかもしれません。

しかし毎日続けていれば、1週間1カ月1年と続けていれば結構なカロリー消費をし
ていることになるのですよ。
歩くという行為はダイエットからしてみると、少ないかもしれませんが、確実に
エネルギー消費の手助けをしているわけです。

歩く動作にも一工夫を。
例えば、歩く時には両腕を大きく振ってみましょう。
腕を同時に動かすことによって、腕を動かすためのカロリーも消費します。
二の腕たぷたぷでお悩みのあなた、
引き締め効果を期待することができるかもしれませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)